Skip to content

科学的に考える髪の毛脱毛のメカニズム。

科学的に考える髪の毛脱毛のメカニズム。 へのコメントはまだありません

最近の科学の進歩によって、髪の毛の脱毛メカニズムがかなり解明されてきたように思えます。髪の毛だけではなくて、様々な病気のメカニズムが遺伝子レベルで解明されてきています。かつては髪の毛が抜けるのは“ストレス”が原因だ。“シャンプー”が原因だ。“頭皮の脂”が原因だ。“食生活”の乱れだ。“老化”に“生活習慣病”など様々なことを言われてきました。最近はなぜ脱毛に至ったかを人間の遺伝子レベルで理解が出来るまでに至ってきていると思います。脱毛は、男性と女性で比べると、やはり男性のほうが女性に比べて問題が多いように思えます。その理由は男性ホルモンが影響していることが考えられます。男性ホルモンは思春期に増えだし、ヒゲや体毛を濃くしだすのですが、その時期から髪の毛に関係したトラブルが増えだしてきます。男性ホルモンの一種には髪の毛の元となるタンパク質生成を阻害するものが知られています。

男性の場合、このような男性ホルモンが年齢と共に増えていきますので、ヒゲが濃くなったり、体毛が濃くなり続け、髪の毛のトラブルが出やすくなります。また男性は仕事を持ち、ストレスを貯めこみやすいので、男性ホルモンがより出やすいということもあります。(強いストレスは男性ホルモンをより活発にさせます。)では、女性はそういったトラブルがないのかという疑問が出てきますが、女性も男性と同じようなトラブルが引き起こされます。よく聞くのが産後の脱毛です。これは女性が妊娠中、出産後と女性ホルモンのバランスが崩れる為だと言われています。また最近では女性の社会進出が多くなり、仕事のストレスを抱えることが多くなったため、男性のような脱毛トラブルが多くなってきていると聞きました。女性にももちろん男性ホルモンがありますので、ストレスを多く感じれば男性ホルモンが体内で多く生成され、それがトラブルを引き起こしているのでしょう。このように科学が進歩した現在では髪の毛の脱毛の原因が詳細にわかってきています。かつて考えられてきたそれらの原因理由はどれも正しいと言えると思いますが、根本的な解決策は未だなかったように思えます。今後は、脱毛を促している男性ホルモンの遮断や、ストレスに対する予防を遺伝子レベルで解決するような薬が開発されてくると思います。

また、今話題を集めているIPS細胞により、細胞が新たに蘇るような夢の様な話も現実になってきています。科学技術の飛躍的な進歩により、より効果的な治療が受けられるというのは、非常に有難い時代だなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*